バッキーがうちのタオルを首にかけたままおうちに帰ってしまったのでただでさえ少ないうちの大丈夫な布類がヤバイことになったが、彼から半借りパク状態のものの数を思い返すと半端ないのでしょうがない。