力と魔法だけが正義でゴワス。はっとりぃです。


ファンタジーを求めて旅に出ました。
本を抱えて帰ってきました。
森の精霊と旅をする とかいうフィンランド写真集がヘヴィメタルすぎてやばい。
特にスウェーデン近郊のメロパワとヴァイキングを嗜好とするウォリアー必携といってよい。
あと僕の本棚の一角が全て同じデザイナーの造本であることが発覚しました。
人の名前は覚えない主義なのですがあんまりにもしてやられたぜ。
造本本はきもいのであまり買いませんが、その人の本だったので買ってしまった。
直営店だったのでオリジナル紙見本とかもらえていたれりつくせりすぎるわ。
こんな美しくて実用的なオマケはみたことがないぜ。
ああーもう本好き好き。
一方で本棚に入らない本が積まれていくのを見るのは本当に心苦しいことよ。
そろそろ見た目も内容も気にくわない本を処分しなければね。
サガクロニクルが意外といい値段で売れたので味をしめたねはっとりぃさん。
あんなクソ本を売るだけで単行本が5冊も買えるなんて。
しかし内容はいいのに装丁が悪い本をどうするかとても微妙な気分です。
令嬢訓育書報にデザイナーがつかなかったことがあまりにも悲劇。
凡庸な同人誌だと永久に本棚から発見できないこともままある。
よく読む本は手近な場所にと思って本棚を増やしたのはいいけど。
手近すぎてなんかどうでもいいものまで置きすぎてもはや役に立たない。
なんで韓国海苔ささってんだこの本棚。
あー本の家に住みたい。
おやすみ。